「スクィーズページ」と「ランディングページ」の違いについて - 情報商材アフィリエイトブログで楽しく稼ぐには?

情報商材アフィリエイトブログで楽しく稼ぐには? ホーム  »  スポンサー広告 »  ブログ作成の基礎知識 »  「スクィーズページ」と「ランディングページ」の違いについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スクィーズページ」と「ランディングページ」の違いについて

「スクィーズページ」と「ランディングページ」の違いについて

●ランディングページとは

バナー広告や検索エンジンの結果が表示されるページから
ダイレクトに商品紹介にリンクされるページのことです。
アフィリエイトだけの専門用語とおもわれがちですが、
「広告業界」では一般的に使われています。

例えば、企業などでもある特定の商品だけを、より強く宣伝したいと
思った場合、自社サイト内のコンテンツの一部としてではなく
そのページだけを取り出した「単ページ」(いわゆるペラページ)のことを
ランディングページといいます。

ビールや化粧品などのキャンペーンページなどが良い例です。
企業などはそのキャンペーンページのために、
わかりやすいドメインを新たに取得することもあります。


●なぜランディングページを作るのか?

CMやワイドショーなどで見た気になる商品を検索した時、
検索結果でいろいろなページが表示されます。
「あ。これや!」とおもってクリックしたのに、表示してみると
なかなか目的のページにたどり着かないなんてことありませんか?

こうなるとせっかく検索エンジンで表示されたにも関わらず、
結局購入されることなく、そのサイトは閉じられてしまう運命にあります。

購買率を上げるにはアクションが少ないほうが良いといわれている理由は
そこにあります。

●ランディングページの最適化(LPO)

訪問してきたエンドユーザーが知りたい情報だけを、しっかり要約し、
できるだけ少ないアクションで購買に結びつけるためのページが
必要ということになります。

たった1ページの中に、エンドユーザーが知りたいと思う情報を集約し、
クリックをしたいと思うように誘導しなくてはいけません。

そのためにはターゲットをきちんと把握し、そのターゲットが
求めている内容をライティングするための能力が必要です。

ただダラダラと商品の紹介だけを説明しているページでは
ランディングページとしての価値は低くなります。

ユーザーの目的や関心に応えられるようなページを作成することを、
ランディングページ最適化といいます。



●スクィーズページとは

サイトに訪問してきたユーザーに、何かしらのアクションを起こさせることで、
そのユーザーの情報を取り込むためのページです。

「何かしらのアクション」として利用されるのが、
フォームへの記入です。
その一つとしてよく知られているのが「無料冊子の配布」だったり
「無料プレゼント」です。

そしてフォームから入手したエンドユーザーの情報が「リスト」と
なります。

●スクィーズページでやるべきこと

目的はリストの確保です。
そのためにはターゲットを絞り込めるような
工夫が必要になります。
ダイエットを目的とする人のリストを集めたいのに、プレゼントの内容が
「禁煙」に関するものだと全く意味がありません。
欲しいリストに関連した内容のものを提供するページを作ることが
大事です。

またスクィーズページの一番の特徴は、リストが確保できるまで、
販売したい商品を見せないということです。
たまに見かけるのが、フォームの次に商品へのリンクを貼っている
ページがありますが、これではスクィーズページには
なりません。

更なる仕掛けができるのがスクィーズページ

サイトに訪問してきたユーザーが「欲しい」と思ったものが
スクィーズページで提供できていれば、リストは確実に
手に入ります。

ここがランディングページとの大きな違いです。
ランディングページはクリックさせることでダイレクトに商品や商材に
誘導します。
しかし、スクィーズページではフォームへの記入後、
サプライズを用意することができます。

それがワンタイムオファー(OTO)です。

●スクィーズページ+ワンタイムオファー

一般的なフォームの場合は、「送信」を押すと、元の親ページに戻されますが、
スクィーズページでは「送信」をクリックした後、
たった一度しか見ることのできないサプライズページを用意することがあります。
これがワンタイムオファーです。

エンドユーザーにとっては「購入するか」「購入しない」かの
究極の選択を迫られるページです。

興味があって訪問したサイト(スクィーズページ)で
気持ちを揺さぶられる内容を読み、無料プレゼントも手に入れた後の
究極の選択。

でもここで、ユーザーがワンタイムオファーを見送ったとしても
既にユーザーの情報は入手済みなので、あとからゆっくりと
アプローチをすることができます。

このような仕掛けを作ることができるのがスクィーズページです。



●ステップメール

濃いリストを取った後に、必要不可欠なのが、ステップメールです。
ワンタイムオファーを見送った「見込み客」に対して、
あらかじめ設定しておいた内容を、スケジュールを決めて
配信するためのシステムが、ステップメールです。
見込みや顧客に対して1対1でアプローチできるので、
メルマガとは違った目的があります。

ステップメールはシナリオがうまくできていないと、
購入まで誘導することができないということになります。

大阪のおばちゃん流アフィリエイト術
メルマガ登録してプレゼントをもらおう!
http://www.55affili8.com/okan/merumaga.html
アーティクルリソース:http://www.infomake.org/


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hiromitu203007.blog92.fc2.com/tb.php/12-9d2e6ffd

秘書サービス エムラクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。